股ずれ黒ずみ治し方

股ずれによる黒ずみの症状って?

股ずれとは足の付根の内側部分、太ももの内側が擦れたことで起こる症状で、股ずれが起こると擦れた部分が腫れてしまい炎症を起こしてしまいます。その結果としてヒリヒリと痛みが生じて歩くのにも支障が出る場合があります。

 

そんな股ずれの症状の特徴は、内もも部分が赤く腫れて皮膚炎を発症する、内もも部分に水膨れが出来る、内もも部分の皮が剥けてしまうなどが挙げられます。そして股ずれのケアをせずに放置すると股ずれが黒ずみ、カサカサの肌になってしまいます。さらに黒ずみが気になりゴシゴシ洗うと逆効果となり黒ずみは悪化してしまうので注意して下さい。

 

股ずれの原因とは?

 

股ずれの原因は太ももの内側部分が擦れてしまうことで、摩擦によって出来ると言うことが出来ます。股ずれが出来やすい人というのは筋肉質な人、肥満の人で足の付根部分にすき間がないと股ずれの症状が起こりやすいと言えます。

 

また太ももが露出した状態で汗をかいたり、蒸れたりすると摩擦が強くなってしまうので症状も酷くなってしまいます。だから夏は股ずれに注意しなくてはいけない季節と言えるでしょう。

 

筋肉や脂肪が多い人以外でも長時間股が擦れる自転車、マラソン、登山といったスポーツをすると股ずれが起こってしまいます。他にも股ずれが起こしやすい服としては生足でスカートを履いた時です。あと水着も股ずれになりやすいと言えます。それとズボンを履いていても通気性が悪く蒸れてしまうことで摩擦が生じてしまいます。

 

股ずれによる黒ずみの予防法と治し方

 

まず股ずれの予防対策から紹介します。出来てしまってから対策するよりまず予防に力を入れることをお勧めします。股ずれは太ももの擦れが原因なので対策としては擦れないようにする必要があります。

 

だから生足はNGでスパッツ、ガードル、ストッキング、ボクサーパンツといった太ももの摩擦を予防するアイテムを活用しましょう。そして蒸れも股ずれの原因となるので商品を予防対策の選ぶ際には通気性、吸湿性がいい素材のモノを選ぶように心がけて下さい。

 

それでは股ずれが出来てしまった時の対策を紹介すると、まずは無菌の水で洗って下さい。股ずれが酷いと水膨れが破れたり、擦り傷となり血が出てしまうのでまずは傷口をキレイにする必要があります。水より消毒液の方が効果的と思う人が多いかもしれませんが消毒液を使用すると傷、炎症の治りが遅くなる場合があるので股ずれに関しては無菌の水で洗うことが有効と言えます。

 

そして股ずれが出来た部分にワセリンをたっぷりと塗って下さい。その際のポイントはワセリンは防腐剤、ステロイドが含まれていない商品を選ぶことです。他にも股ずれ防止、ケアアイテムとして専門のクリームが販売されているのでそれを使用するのもお勧めです。専用のクリームを使用すると汗をかく季節でも長時間効果が持続して股ずれを予防することが出来ます。また股ずれが出来てしまったヒリヒリする肌の痛みを緩和する効果もあります。

 

そしてワセリンや専用のクリームを塗った後にサランラップ、キズパワーパッドで傷口を保護して下さい。傷口にバイ菌が入るのを防ぐことが出来ますし乾燥させない様にして傷口の治りを早めてくれます。